避妊の最終手段

はるか

「ピルは聞いた事があるけど、アフターピルって何?・・・」
「緊急避妊薬は知っているけど、副作用は大丈夫?・・・・」
あなたは、アフターピルと聞いてこんな風に感じたことはありませんか?

アフターピルという言葉ってあまり一般的には知られていないですよね。アフターピルはコンドームなどの避妊に失敗した時に飲む緊急避妊薬の事を言います。

性行為が終わって翌朝避妊に失敗した事に気が付いて、慌ててピルを飲む事から別名「モーニングアフターピル」とも言われています。

もしあなたが望まない妊娠をしたとすれば、精神的にも肉体的にも大きな苦痛を受けるのは女性であるあなた自身です。

避妊に失敗した時に緊急避妊薬
もし、避妊に失敗したと気が付いてからでも望まない妊娠を防いでくれるのがアフターピルなんです。 アフターピルは女性を助けてくれる最後の手段です。

アフターピルは基本的には病院で処方してもらう薬ですが、色々な状況で病院で処方してもらえないケースもあります。そんな時に役立つのが通販です。

通販でアフターピルを購入する事は法的にも認められています。

通常は婦人科等で診察を受けないと購入出来ませんが、個人輸入の通販サイトを使えば即日発送してもらう事が出来ます。

すぐにアフターピルが必要な方は下のリンクをクリックして下さいね。

望まない妊娠を防ぐための様々な避妊法を一覧で紹介します!

現在日本で行われている避妊法にはいくつかの方法があります。

その中でも必要な事は今のあなたの年齢や生活環境、将来の出産予定、パートナーとのライフスタイル等を考慮に入れながら無理なく確実性が高い避妊法を選ぶことが必要です。

まずは、以下の一覧にて各種避妊法のメリット、デメリットを確認して下さいね。

一般的な各種避妊法について

まず、初めに、一般的な避妊法についてご紹介します。

避妊するに当たっては避妊効果が高い事はもちろんですが、それ以外にも手軽で時間がかからない、副作用の有無、コスパなども大切な要素になります。

と言うことで、今回は以下の点に絞って避妊方法の一覧を作成しています。

・避妊効果
・簡単さ、手軽さ
・副作用の有無
・コスパが良い

避妊効果 簡単さ 副作用 コスパ
 低 用 量 ピ ル  〇  △  △  △
 ICS子宮内避妊システム  ◎  ×  △  ×
 ICD子宮内避妊用具  ◎  ×  △  ×
 コ ン ド ー ム  △  ◎  ◎  〇
 リ ズ ム 法  △  ×  ◎  〇
 避 妊 手 術  ◎  ×  △  ×

アフターピルを選ぶ三つのポイントについて

アフターピルについて

ここではアフターピルを選ぶ三つのポイントをご紹介します。選び方はとっても簡単です。迷った時はぜひ参考になさって下さいね。

ポイント①避妊効果が高いものを選ぶ

アフターピルを服用する状況と言うのは避妊に失敗した場合がほとんどです。ですから、望まない妊娠を防ぐためにも避妊効果が高いものを選ぶ必要があります。

当サイトでご紹介しているアフターピルは性行為が終わった後72時間以内に服用する事で95%以上の妊娠阻止率があるアフターピルばかりです。

ポイント②副作用が少ないものを選ぶ

アフターピルを服用した際には個人差があるものの何らかの副作用は覚悟しておく必要があります。それでも出来るだけ副作用で辛い思いをしたくないと言うのは誰でも考えることです。

ですから、出来るだけ日本人女性に適合した副作用の少ないアフターピルを選ぶようにしてください。

ポイント③コスパが良いものを選ぶ

アフタールの先発薬はノルレボですが、当サイトではノルレボと同程度の避妊効果が高いアフターピルをご紹介しています。アフターピルは普段から常備しておけばいざという時でも安心です。

避妊に失敗した時に慌てないように普段から備えておきましょう。以下にアフターピルをランキングでご紹介しています。あなたに合ったアフターピルを見つけて下さいね。

当サイトがおススメするアフターピル人気ランキング

  副作用が心配な方におすすめなのが副作用が少ないノルパック

商品名 ノルパック
製造元 タイ(ABCAファーマー)
参考価格  2,000円

メデマートで見る

 

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

ノルパックの特徴

ノルパックはタイのABCAファーマー社が製造開発しているノルレボのジェネリック医薬品です。有効成分はノルレボと同じです。

ノルパックは一回に2錠入っており、一回に2錠飲むタイプです。日本ではまだ認可されていないアフターピルです。

二回に分けて飲む必要があるので、飲み忘れの心配がある方にはおすすめできないタイプのアフターピルです。

 

厚労省が認可しているジェネリック医薬品「マドンナ」

 

商品名 マドンナ
製造元 タイ バイオファーム・ケミカルズ社
参考価格 2,000円

メデマートで見る

 

 タイプ 一回に二錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

マドンナの特徴について

マドンナはタイのバイオファームケミカル社が製造開発したノルレボのジェネリック医薬品です。有効成分はノルレボと同じです。

マドンナは一回につき二錠服用するタイプのアフターピルです。一回服用した後、12時間後にもう一度服用しないと避妊の効果が見込めません。

飲み忘れの心配がある方にはおすすめ出来ないタイプの緊急避妊薬です。最近日本でも認可されるようになりました。海外ではメジャーな緊急避妊薬です。

 

性交後120時間以内に服用すれば効果を発揮するエラワン

商品名 エラワン
製造元 フランス HRAファーマ社
参考価格 4,950円

ベストケンコーで見る

 

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 ウリプリスタール酢酸エステル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後120時間以内

エラワンの特徴について

エラワンはフランスのHRAファーマ社で製造開発された先発薬エラのジェネリック医薬品です。

HRAファーマ者は医薬品会社として歴史が古く、フランス国内では経口避妊薬や緊急避妊薬など、女性のための医薬品が高く評価されています。

代表的な医薬品はエラワンで性交後120時間(五日)以内に服用すれば避妊効果を得ることが出来ます。

他のアフターピルよりもタイムリミットが長いのが大きな特徴です。一回につき一錠服用するアフターピルなので飲み忘れがないので安心して服用することが出来ます。

 

高い品質基準を満たした製薬会社が製造するアンウォンテッド72

 

商品名 アンウォンテッド72
製造元 インド マンカインドファーマ社
参考価格 1,300円

メデマートで見る

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

アンウォンテッド72の特徴

アンウォンテッド72はインドのマンカインドファー社が製造開発したノルレボのジェネリック医薬品です。有効成分はノルレボと同じです。

マンカインドファーマ社はインドの首都デリーに拠点を置く製薬会社です。アフターピルの他にはED治療薬、抗生物質、皮膚疾患等の治療薬の製造販売を行っています。

アンウォンテッド72は一錠当たり、レボノルゲストレルを1.5mg含んでいます。

一回につき一錠服用するタイプのアフターピルなので飲み忘れがなく、他のアフターピルよりも安価に手に入れる事ができます。

 

 い妊娠阻止率を誇るおススメのアフターピル「エラ」

商品名 エラ
製造元 トルコ アブディイブラヒム社
参考価格 4,000円

メデマートで見る

 

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 ウリプリスタール酢酸エステル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後120時間以内

エラの特徴について

エラはトルコの首都「イスタンブール」にあるアブディイブラヒム社が開発したアフターピルです。

通常のアフターピルだとタイムリミットが72時間ですが、エラは120時間(五日)以内に服用すれば効果を発揮します。

エラの公式発表によると120時間以内の服用でも85%以上の高い妊娠阻止率を誇ります。但し、タイムリミットが長い分、金額も高めに設定されています。

 

 アフターピルの先発薬で産婦人科でも処方される「ノルレボ」

 

商品名 ノルレボ  アフターピルの先発薬
製造元 日本初の緊急避妊薬
参考価格  15,000円(産婦人科での処方平均額)

メデマートで見る

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

ノルレボの特徴について

ノルレボは緊急避妊薬として一番最初に製造開発された先発薬です。国内の産婦人科では特に指定しない限りノルレボが処方されます。

緊急避妊薬が開発される前は、中容量ピルを緊急避妊薬として代用していましたが、副作用が強いのが大きなデメリットでした。

また、中容量ピルは最初に服用した後、12時間後にもう一錠服用しないといけないと言う二重のデメリットがありました。

ノルレボが開発されたことにより、一回服用するだけで高い避妊率があり、吐き気などの副作用もかなり緩和されるようになりました。病院で処方されると診察料金も含めると一万円~二万円ほどかかります。

 

 ルレボのジェネリックとして人気のアイピル!

商品名 アイピル
製造元 インド シプラ社
参考価格  2.,980円

メデマートで見る

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

アイピルの特徴について

アイピルはインドのシプラ社が製造開発したノルレボのジェネリック薬品です。

先発薬のノルレボのジェネリック医薬品として産婦人科でも処方される事が多い人気のアフターピルです。

アイピルを産婦人科で処方してもらう場合は、保険適用外なので実費が必要になります。病院によって多少金額の違いはありますが、多くの場合はひと箱五千円から七千円ほどかかります。

通販で購入する場合は、三千円ほどで手に入れる事が出来ます。

 

ひと箱に4錠入って最もコスパがいいナイピル

商品名 ナイピル
製造元 インド スマートメディサイエンス
参考価格  2,980円(一錠当たり約750円)

メデマートで見る

 

 タイプ 一回に一錠 主要成分 レボノルゲストレル
 避妊率 95%以上 有効期間 性交後72時間以内

ナイピルの特徴について

ナイピルはインドのスマートメディサイエンスが製造開発したアフターピルです。成分は先発薬のノルレボと同じ成分です。

ナイピルは開発当初から日本人女性が関わっており、日本人女性の体質や体格に合わせて製造開発されているので副作用が少なく当サイトが最もおススメするアフターピルです。

多くのアフターピルがひと箱に一錠しか入っていませんが、ナイピルに限ってはひと箱に4錠入っており、ひと箱常備しておけば四回分使えるという大変お得な緊急避妊薬です。

性交後、12時間以内に服用すれば99,5%の妊娠阻止率があるのでもしかの時のために常備しておきたいアフターピルです。

ナイピルの詳細を見たい方はココをクリック

当サイト一押しはやはりナイピルです。

自分に合ったアフターピルはどれだろうか?と迷っているならナイピルがおススメです。緊急避妊薬専門ラボがナイピルをおススメする理由は以下の通りです。

当サイトがナイピルをおススメ理由!
・先発薬ノルレボのジェネリックで避妊の成功率が高い・・・99.5%
・避妊に失敗したと気が付いてから72時間以内に服用すれば避妊の成功率が高い
・一回一錠の服用で高い避妊効果が期待できる
・開発には日本人が関わっており体の小さい日本人向けに開発されている。
・パッケージや説明書が日本語表記になっている。
・説明が日本語表記になっているので海外製の避妊薬に不安を持っている方にお勧めできる
・製造、開発、販売を一括で行っているスマートメディサイエンスはインドを拠点としており信頼性が高い
・ひと箱に4錠入っておりコスパが非常にいい(一錠当たり750円)

ナイピルの購入はこちらをクリック

アフターピルは通販の個人輸入代行サイトで購入すれば即日発送が可能です!

即日発送も可能な海外通販

緊急避妊薬(アフターピル)は、通販の個人輸入代行サイトで購入すると、即日発送してくれます!

アフターピルは緊急時に必要な避妊薬ですが、入金さえ行えば即日発送してくれるので本当に助かります。

当サイトで紹介している個人輸入代行サイトは「メデマート」という個人輸入の代行サイトです。

支払いはビットキャッシュ決済か銀行振り込みです。

海外から医薬品が発送されるので、自宅に届くには7日間~10日ほどの日数が必要になります。

必要な時に持っていると安心出来るのがアフターピルです。慌てなくて済むようにいつでも手元に用意しておきたいですね。

もし、緊急避妊薬が手元になくて避妊に失敗した場合は婦人科に行って診察後、アフターピルを処方してもらう事になります。

その場合は、以下のリンクからお近くの病院を探して診察を受けるようにして下さいね。

アフターピルを海外通販で手に入れるメリットは何?

海外通販でアフターピルを手に入れる

日本では、まだアフターピルそのものを知らない女性が非常に多いんですよね。

多くの日本人は男女問わず、コンドームさえ付けていれば避妊は出来ると考えています。でも、私の経験からもコンドームって行為の最中に敗れてしまう事もあるんですよね。

後からその事に気が付いて慌てても万事休すという思う方も多いと思います。でも、避妊の最終手段として緊急避妊薬があります。

この緊急避妊薬って病院に行って検査を受けないと処方してもらえないって思っている人が非常に多いのが日本の現状です。

これは欧米に比べてまだまだ日本の性教育が遅れているのが原因の一つだと思います。でも、海外通販を使えば個人でも簡単にアフターピルを手に入れる事が出来ます。

しかも格安で・・・私もこの事を知った時は本当にびっくりでした。

えっ、産婦人科に行って色々とプライベートな事を聞かれた上に、恥ずかしい恰好で検査を受けて、それでようやく緊急避妊薬をもらう・・・

なんかおかしくない・・と私は思ったんですよね。

それから、海外通販の事を知って自分で購入するようになったんです。それって違法じゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、れっきとして合法です。

法律に触れる事はないので安心して購入する事が出来ますからね。

アフターピルを病院で処方してもらうのと通販で購入する際は何が違うの?

ピルを病院で処方
ピルを通販で購入

次にお伝えするのはアフターピルを病院で処方してもらう場合と海外通販を使って購入する場合の違いについてお伝えしていきます。

結論から申し上げます。

今すぐにでも緊急避妊薬が必要な場合はすぐに病院に行きましょう。海外通販はその名前の通り海外からの発送になるので少なくても一週間前後は日数がかかります。

ですから、避妊に失敗した事が分かって直ぐにでもアフターピルを手に入れたい場合は病院で処方してもらって下さい。

アフターピルは72時間以内に服用しないと避妊する事が出来ません。通販では時間的に間に合わないので注意が必要です。

初めてアフターピルを服用する場合は、病院で処方してもらうのがオススメ

アフターピルをピルを初めて服用する場合、副作用や服用方法などについて、何をどうすればいいか色々と不安な点があるかと思います。

そういう場合は病院で処方してもらうと医師からきちんと説明を受けられるので安心です。

病院で処方してもらうより低価格で購入したい場合は通販を利用する

病院で処方してもらうよりも格安でアフターピルを手に入れたいという場合は通販での購入がお得です。

アフターピルを病院で処方してもらう場合、保険適応外となり、かなり高額になります。薬以外にも処方料金、診察料金、場合によっては初診料もかかります。

アフターピルを前もって購入したい(常備しておきたい)場合は通販が便利

アフターピルを前もって購入したい、もしかの時のために常備しておきたい、あるいはまとめ買いしておきたい時などは通販を使うと大変便利です。

まとめ買いの量が多いほど、割引率も大きくなり格安で購入する事が出来ます。

緊急でアフターピルが必要なのに、仕事や学校で病院に行けなかったり、処方代が高額すぎて払えない…そんな状況にならない為にも通販で前もって購入しておくといざという時に慌てる事なく安心できます。

メデマートでナイピルを購入するならココをクリック

 

 

メデマート申し込みボタン