緊急避妊薬ノルレボのジェネリック薬ってどんなものがあるの?

ノルレボは緊急避妊薬として避妊に失敗した時に病院で処方されるアフターピルです。大抵の病院では、避妊に失敗して病院に駆け込んだ時に処方される緊急避妊薬がこのお薬です。

最初は病院で処方してから手に入れた方がいいと思いますが、個人輸入代行サイトでも、病院で処方されるノルレボを手に入れる事が出来ます。

病院と比べると格安で手に入れる事が出来るので、上手に利用する事によって、格安でアフターピルを手に入れる事が出来ます。

但し、海外からの発送になるので自宅に届くまでにはタイムラグがあります。緊急の際には間に合わないので、その事は把握しておく必要があります。

ここでは、ノルレボよりもかなり格安で手に入れる事が出来るノルレボと同じ成分や効果が期待出来るジェネリック薬の種類や特徴についてお伝えしていきます。

緊急避妊薬ノルレボってどんな特徴があるの?

ノルレボとプラノボールの違い

まずは、ジェネリック薬の種類をご紹介する前に、そもそもノルレボってどんな避妊効果があるかについてお伝えしていきます。

緊急避妊薬にはノルレボ錠とプラノバール錠の2つがあります。プラノバール錠は通常は「ヤッペ法」と呼ばれています。

この方法は元々は中用量ピルを使った避妊方法になります。

ノルレボと比較すると副作用が大きく、最初に2錠飲んだあと、12時間後に再度2錠飲まないと効果が発揮されません。

飲み忘れのリスクがある事と副作用が出やすいと言う二つの理由から最近ではノルレボ錠を飲む人の割合が増えています。

ノルレボ錠を使用した避妊方法は、避妊の失敗が分かった時点で72時間以内に1錠若しくは二錠服用することで避妊効果が得ることができます。

1錠と二錠の差は、アフターピルの種類によって飲む錠剤の量が違うからです。

ノルレボ錠は一回飲むだけでいいので、飲み忘れのリスクもなく、副作用も少ない事から多くの女性に支持されています。

また、72時間以内に飲むことによって避妊出来る確率は非常に高いのも人気の一つです。

ちなみに現在の日本ではプラノバール錠は認可されておらず、ノルレボ錠のみが高整理労働省から認可されている緊急避妊薬です。

ノルレボとジェネリック薬品の特徴について

先発薬とジェネリック薬の違い

先発品として開発されたノルレボ錠ですが、代表的なジェネリック薬であるアイピルなどの後発組のジェネリック医薬品とでは一体どういった違いがあるのでしょうか?

最も大きな違いは、購入出来る金額の違いです。ジェネリック薬品は既に開発されている薬を製造するので開発コストが非常に安くあがります。

その為、販売金額も低額に抑えられているために、ユーザーも格安で手に入れる事が出来るという大きなメリットがあります。

コスト的に安く手に入れることが出来るという点がジェネリック薬品の一番の特徴です。

先発薬とジェネリック薬の違い2

大抵の病院では、避妊に失敗して病院に駆け込んだ時に処方されるのがノルレボです。

病院が処方しているくらいですから、もちろん避妊効果が高いので、そのジェネリック薬品も人気があるという訳なんですね。

病院で処方してもらうのは高くつくと思う女性であれば、病院で処方されているノルレボを個人輸入代行サイトから手に入れる事も可能です。

病院と比べると格安で手に入れる事が出来るので、上手に利用する事によって、病院で処方されているノルレボを手にする事が出来ます。

但し、海外からの発送になるので自宅に届くまでにはタイムラグがあります。緊急の際には間に合わないので、その事は把握しておく必要があります。

緊急避妊薬ノルレボってどんな特徴があるの?

ノルレボの特徴

まずは、ジェネリック薬の種類をご紹介する前に、そもそもノルレボってどんな避妊効果があるかについてお伝えしていきます。

緊急避妊薬にはノルレボ錠とプラノバール錠の2つがあります。

プラノバール錠は通常は「ヤッペ法」と呼ばれています。1970年代から使われている避妊方法で、中用量ピルを使った方法になります。

ノルレボと比較すると副作用が大きく、最初に二錠飲んだあと、12時間後にもう一度2錠飲まないと効果が発揮されません。

飲み忘れのリスクがある事と副作用が出やすいと言う二つの理由から最近ではノルレボ錠を飲む人がほとんどです。

ノルレボ錠を使用した避妊方法は、避妊の失敗が分かった時点で72時間以内に1錠を服用することで避妊効果が得ることができます。

たった一回1錠飲むだけの簡単処方なので、飲み忘れのリスクもなく、副作用も少ない事から多くの女性に支持されています。

また、72時間以内に飲むことによって避妊出来る確率は非常に高いのも人気の一つです。

ちなみに現在の日本ではプラノバール錠は認可されておらず、ノルレボ錠のみが認められている緊急避妊薬となっています。

ノルレボとジェネリック薬品の特徴について

繰り返しになりますが、ノルレボのジェネリック薬品の一番の特徴は開発費が安く済んでいるので、その分販売金額が安く抑えられています。

ジェネリック薬品は既に開発されている薬を製造するので開発コストが非常に安くあがる訳なんですね。

その為、販売金額も低額に抑えられているために、ユーザーも格安で手に入れる事が出来るという大きなメリットがあります。

コスト的に安く手に入れることが出来るのがジェネリック薬品の一番の特徴です。でも、一つデメリットもあります。

それは何かと言うと、ジェネリックは色々な医薬品メーカーが製造しています。中には技術力がないメーカーが作っている可能性もあります。

その為に、同じ製法や成分で作っていても効果や副作用の違い等のバラつきが出てきます。ですから、安ければ何でもいいという姿勢でもいけないという事なんですね。

当サイトでご紹介しているジェネリック薬品はいずれもWHOで認可された薬品なので安心して購入していただける事は言うまでもありません。

次からは、日本で手に入れる事が出来るノルレボのジェネリック薬品の種類や特徴についてそれぞれお伝えしていきます。

ノルレボのジェネリック「アイピル」について

アイピル

アイピルはノルレボのジェネリック薬品の中でも日本では最も人気があり、緊急避妊薬として有効なジェネリック薬品です。

ノルレボと同等の効果があり、安く購入出来ることから多くの国でも使用を許可されている薬です。

成分はノルレボと同じレボノルゲストレルとなっています。服用方法もノルレボと同じで避妊の失敗が分かってから72時間以内に水かぬるま湯で服用します。

アイピルは1回の避妊につき1錠だけを飲めば良いため、飲み忘れる心配なども少ないです。販売金額は通販会社によって多少のばらつきがあるため、参考値としてご覧ください。

なお、アイピルはインドの有名製薬会社シプラ社が製造販売しています。

■ノルレボの値段 1箱×1錠:3,320円~
■アイピルの値段 1箱×1錠:1,200円~

アイピルをもっと詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい。

ノルレボのジェネリック「マドンナ」について

アフターピル「マドンナ」

マドンナは、タイのバイオファーム・ケミカルズ社が開発した緊急避妊薬です。

女性ホルモンと同等であるレボノルゲストレルを主成分としており、体内の女性ホルモンを一時的に増やすことにより生理を起こし、妊娠を防ぎます。

12時間以内の服用であれば95%の避妊成功率があり、72時間以内であれば80%の避妊成功率があり、高い評価を受けているジェネリック薬です。

マドンナの主な特徴の特徴について

マドンナは、厚生労働省が認可するノルレボ錠のジェネリック医薬品です。服用後女性ホルモンを上昇させ、体を生理の時と同じ状態へと促します。

排卵を抑制するだけではなく、卵子に精子が受精し受精卵ができた後でも着床を防ぎ、妊娠しづらくするため、2つの効果で避妊を防ぐことが可能です。

マドンナは服用分1回分が2錠として設定されているため、副作用を引き起こす確率を低くしながら、ノルレボ錠と同じく高い避妊効果を得ることが可能です。

マドンナは1箱に2錠入っており、ひと箱で1回分となります。1錠当たりに、レボノルゲストレルとして0.75mgを含有しています。

マドンナの製薬会社バイオファーム・ケミカルズについて

バイオファーム・ケミカルズは創業40年のタイの医薬品メーカーで、アフターピル「マドンナ」の製造を行っています。

日本の製薬メーカーである興和やアステラス、ファイザー、武田薬品工業、日医工などとも提携し、高い評価を得ている製薬会社です。

ノルレボのジェネリック「ノルパック」について

アフターピル「ノルパック」

ノルパックは、インドのABCAファーマ社が開発した緊急避妊薬です。

女性ホルモンと同等であるレボノルゲストレルを主成分としており、体内の女性ホルモンを一時的に増やすことにより生理を起こし、妊娠を防ぎます。

12時間以内の服用であれば95%の避妊成功率があり、72時間以内であれば80%の避妊成功率があり、高い評価を受けているジェネリック薬です。

主成分のレボノルゲストレルは女性ホルモンの一種で、強制的に生理を引き起こすことにより着床を阻止し、妊娠しない体の状態へ整えます。

ノルパックの特徴

ノルパックは、先発薬ノルレボ錠のジェネリック医薬品として開発されました。女性ホルモンの一種である主成分レボノルゲストレルは、生理を強制的に起こす効果があります。

この効果は、体内に入ってしまった精子に対して排卵を押さえる作用と、精子が受精しづらい体内状況を作り子宮への着床を防ぐ作用を起こし、高い避妊成功率発揮します。

また、24時間以内の服用であれば避妊成功率は95%、72時間以内の服用でも80%以上の避妊成功率があります。

ノルパックの効果

ノルパックを摂取することにより、排卵・着床の抑制および精子通過の阻害、望まない妊娠を妨げる緊急避妊効果があります。

脳の錯誤によって黄体ホルモンを抑制、それにより子宮内膜の成長が抑制されることが効果発現のポイントとなります。

1箱に2錠1回分となります。ノルパック1錠あたり、レボノルゲストレルとして0.75mgを含有しています。

ノルパックの製薬会社ABCAファーマについて

ABCAファーマはインドの大手製薬企業です。

医薬品、医療機器、ハーブエキス、食品サプリメント、化粧品を製造・販売に加えて、輸入業者と代理店としてタイ国内にサービスを展開しています。

アフターピル「ノルパック」が代表的な商品です。

ノルレボのジェネリック「アンウォンテッド72」について

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、妊娠阻止率80%以上とされるノルレボ錠のジェネリックで、有効成分としてレボノルゲストレルが配合されている緊急避妊薬です。

性交のあと、72時間以内に服用すると高確率で妊娠を防ぐことができます。製造販売は、インドのマンカインドファーマ社です。

アンウォンテッド72の特徴について

アンウォンテッド72は、性交を終えてから避妊ができるアフターピルです。

アンウォンテッド72は、緊急避妊薬ノルレボ錠のジェネリック医薬品であり、先発薬と同じように性交から72時間以内に服用することで高い避妊効果を発揮します。

アンウォンテッド72を服用するまでの時間が短いほど、緊急避妊の成功率は高くなります。

ノルレボのジェネリック「ナイピル」について

ナイピル

ナイピルは、インドのスマートメディサイエンス社が開発した緊急避妊薬です。

ナイピルの効果は女性ホルモンの一種、レボノルゲストレルを多く吸収させることで、強制的に生理を引き起こします。

受精卵を着床させないように子宮内に作用し、妊娠を防ぎます。性行為後、24時間以内に服用することで95%以上という高い確率で妊娠を防ぐことが可能です。

ナイピルの特徴について

ナイピルは、ノルレボ錠と呼ばれる避妊薬のジェネリック医薬品で、同じ効果を安価で得ることが可能です。

性行為後72時間以内の服用を推奨していますが、その時間は早ければ早いほど避妊の成功確率が上昇します。緊急避妊薬として即効性があるのが魅力となっています。

開発には日本人も携わっており、体の小さな日本人向けに開発されているのも大きな特徴です。パッケージや説明書も日本語表記のため、他の海外製避妊薬に不安を感じている方におすすめの商品です。

ナイピルの製薬会社スマートメディサイエンスについて

スマートメディサイエンスはインドを拠点とし、ジェネリック医薬品の開発と製造・販売を行っている製薬会社です。

開発には日本人スタッフが関わっています。AGA治療薬であるプロペシアジェネリック「フィナクス」などを取り扱っています。

日本で人気があるのはアイピルとナイピル

ノルレボのジェネリック薬として日本で人気があるのはアイピルとナイピルです。

理由は、両方とも一回につき1錠の服用で済むこと。日本の製薬会社と提携しているインドの大手製薬会社が製造販売しているので信頼度があるという点です。

さらに、最近はナイピルも開発に日本人が携わっており、体格が小さい日本人女性に適合した緊急避妊薬を開発したという点でも人気が出ています。

当サイトでも、ノルレボのジェネリック薬を購入するのであれば、アイピル、もしくはナイピルをオススメしています。

まとめ~緊急避妊薬ノルレボのジェネリック薬ってどんなものがあるの?

いかがでしたでしょうか?

今回は緊急避妊薬ノルレボのジェネリック薬である5種類のアフターピルをご紹介してきました。どのアフターピルも効果や成分はほとんど同じです。

ただ金額にばらつきがあります。一回に飲む量が少ない方がいいということであれば、アイピル若しくはナイピルがオススメです。