個人輸入代行サイトについて

個人輸入代行サイト

アフターピルを病院で処方してもらうのではなくて、個人で手に入れるには通販を使う方法があります。

ただし、通販とは言っても楽天やアマゾンなどの大手通販会社を使って購入する訳ではありません。

個人輸入代行サイトを通して購入しなければなりません。

個人輸入代行サイトって聞きなれない名前ですが、日本でも法的にこの個人輸入代行サイト使って医薬品を購入する事は認められてます。

繰り返しますが、法律に触れることはないので安心して購入する事が出来ます。このページでは個人輸入代行サイトについて詳しくお伝えしていきます。

個人輸入代行サイトってどんなサイトなの?

個人輸入代行サイトの選び方

個人輸入代行サイトは国内でも数社あります。初めて利用する場合はどのサイトを使えばいいのか?迷ってしまうと思います。

個人輸入代行サイトを選ぶ際に気を付けないといけない点は金額だけで選んではいけないという事です。

いくら金額が安くても別途で送料がかかったり、手数料が高かったり、サポートが悪かったりとそれぞれの通販サイトでかなりの差があります。

以下にどのような基準で通販サイトを選べばいいかをまとめましたので参考にして頂ければと思います。

メーカーが販売している正規の医薬品を販売しているサイト

チェック項目

繰り返しになりますが、医薬品を販売している個人輸入代行サイトは国内で数社あります。

その中には悪質なサイトもあるようです。

いくら病院で処方されるよりも安く医薬品を手に入れたとしても、あまりにも薬の金額が安いと誰でも疑ってしまうと思います。

本当にメーカーが販売している正規の医薬品かどうかなんて素人には分からないですからね。

また、海外から発送されるので商品が届いた時点で間違った商品が届いたり、破損していたりと言う事も考えられます。

そんなトラブルがあった時にもきちんと対応してくれるのか?これはその通販サイトから医薬品を購入したユーザーにとってはとても大切な事です。

必要な事は金額だけに目を奪われてはいけないという事です。

私がいつもチェックしているのは正規品なのかどうか?それと送料無料なのか?送られたきた小包が無記名になっているか、そして局留めが可能かどうかと言う四点です。

決済が終了してから医薬品が届くのが適正な速さか!

早すぎには危険

個人輸入代行サイトで医薬品を注文した場合は通常であれば海外からの発送なので家に届くまでには一週間~二週間ほどの時間が必要です。

国内の通販であれば通常は二日か三日で届きますが、海外からの場合はそんなに早く届く事はありません。

しかし、偽物の医薬品を取り扱っているような個人輸入代行サイトでは2日や三日で届く事があります。

それは、国内から発送する為にそれだけ早く届くという事なんですね。

このようなに注文から家に届くまでの配送期間が極端に短い場合は、国内から配送している違法サイトである可能性があります。

アフターピルなどの緊急を要する医薬品であれば早く届くに越した事はありませんが、違法な偽薬であれば健康被害の可能性もあります。

従って、注文してからすぐに届きますというようなサイトは違法サイトである可能性が高いという事です。

サポート体制がしっかりしており、サイトの運営が適正である事が大切

 

次にチェックしておきたいのはサポートについてです。

やはり海外からの商品の購入なのでサポートは出来るだけしっかりしたサイトを選んでおきたいものです。

私は以下の四点をチェックしています。

チェックしておきたい4項目
・サイト内に問い合わせフォームが設置されているか
・メールアドレスの記載があって問い合わせする事が出来るか
・ 特定商取引法に基づく表示がされているか
・特定商取引の中に会社の所在地その他が記載されているか

この四つがサイト内にきちんと設置されていれば、ひとまずは安心して使う事が出来るサイトではないかと思います。

梱包の丁寧さもきちんと運営されているかサイトであるかの一つの指標

梱包の丁寧さ

最後のチェック項目として私がいつも注意しているのは梱包の丁寧さです。

私は通販で色々な商品を購入した経験がありますが、梱包の丁寧さは、その商品を製造・販売している会社のレベルに匹敵していると思っています。

日本の通販だと、それほど雑に梱包している会社はほとんどないと思いますが、海外ではそうではありません。

やはり国内と比べると少し雑な感じを受ける事があったんですよね。梱包が雑だと箱が壊れていたり、時には錠剤が割れていたりする場合があるからです。

もちろん、そんな場合は連絡すれば取り換えしてくれますが、一度でもそんな経験をすれば二度とそのサイトは使おうとは思わないですね。

ですから、医薬品が送られてきた時に梱包が丁寧かどうかもきっちりと見ておくようにしましょう。

個人輸入代行サイトを使うメリット・デメリットについて

海外通販を使うメリットやデメリット

ここでは、わざわざ海外の通販サイトを使って医薬品を購入するメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

個人輸入代行サイトを使うメリットについて

個人輸入代行サイトを利用する一番のメリットは何と言っても日本で処方されている医薬品や日本では手に入れることが出来ない海外の優れた効果を持っている医薬品を個人でも購入できる点にあります。

第二のメリットは、病院で処方される医薬品であれば、格安で手に入れる事が出来ると言う点です。

通常病院で医薬品を処方してもらうには病院で診察を受けてからでないと薬を処方してもら事が出来ません。

診察を受けるには、予約が必要であったり、初診の場合は初診料が必要になりますし、初診でない場合でも毎回診察料金はかかります。

それに薬の処方料金、薬そのものの料金など、薬をもらうだけでもかなりのお金を支払う必要があります。

そのような病院で薬を処方してもらうデメリットを考えると、通販を利用して医薬品を購入すればほとんどのデメリットを回避する事が出来ます。

個人輸入代行サイトを使って医薬品を手に入れるデメリットについて

次に個人輸入代行サイトを使って医薬品を手に入れるデメリットについてお伝えしていきます。

個人輸入代行サイトを使う場合のデメリットは二つ考えられます。

一つは入金すれば即日発送してくれますが、海外からの発送になる為、自宅に医薬品が届くのに一週間前後の日数がかかります。

緊急避妊薬など本当にいま直ぐに薬が欲しいというケースには対応出来ないという事があります。

後は、選ぶ個人輸入代行サイトによっては手数料、送料がかかる場合があります。

特に送料は海外から商品が送られてくるので、知らないとかなり送料がかかる場合があります。

通販サイトによると、ある一定の金額を超えると送料は無料になりますが、それ以外は送料がかかる場合もあります。

購入前にはしっかりチェックしておく必要があります。

個人輸入代行サイトを利用する際の流れについて

あなたが利用するサイトによって、少しは購入までの手続きの違いがあるかもしれませんが、ほとんどのサイトは以下のような流れで簡単に注文する事が出来ます。

通販での商品購入に慣れていない場合でも、それほど迷うことなく簡単に購入出来るようになっています。

STEP.1
1
個人輸入代行サイトで欲しいアフターピルを検索
STEP.2
2
アフターピルを注文する
STEP.3
3
医薬品を届けてもらう等の購入手続きを行う
STEP.4
4
支払いを行う
STEP.5
5
医薬品が家に届くのを待つ

個人輸入代行サイトで医薬品を手に入れる際の注意事項について

次にお伝えするのは、個人輸入代行サイトを使ってアフターピルなどの医薬品を購入する時に知っておきたい注意事項です。

何度かお伝えしていますが、海外の代行サイトを利用して個人で医薬品を手に入れる事は国から認められています。

ただ、二つだけ注意しておく事があります。

その二点だけ守れば違法ではないので、誰でも安心して海外から医薬品を購入する事が出来ます。まずは守らなければいけないルールを二つお伝えします。

守らなければいけないルール
個人輸入した医薬品は本人が使う事
転売など販売目的で購入しない事

守らなければいけないルールはこの2点です。

もう少し詳しくお伝えします。個人輸入で購入した医薬品は必ず購入した本人が使う事が義務付けられています。

例え、一緒に住んでいる親兄弟であっても代理で購入したり、分けてあげる等は出来ないようになっています。

また、多めに注文して誰かにあげる、あるいは販売するなどの転売目的で購入する事も固く禁止されています。

後は医薬品には男性が使うものと女性が使う医薬品があります。

例えば、あなたの彼氏にアフターピルを購入してもらう等、男性が女性が使うピルなどの購入は出来ないようになっています。

また、購入出来る医薬品の量もある程度決まっています。まとまった量が欲しいと思っても一年分の量をまとめ買いなどは出来なくなっています。

個人輸入代行サイトのよくある質問をまとめています。

Q&A

初めて個人輸入代行サイトを使う場合は色々と不安な事はあると思います。私も最初はそうでした。

一番心配だったのは、やはり頼んだアフターピルがきちんと家に届くのか?それが一番不安であり、心配でしたね。

それほど多くの金額でなくても、やはり先にお金を支払っているので商品がきちんと家に届くのかどうかは心配なんですよね。

でも、一週間後、きっちりと頼んだトリキュラーは届きました。

包装もきちんとされていたので更に安心感が増しました。それ以降は、何の躊躇もなく頼めるようになりました。

少し話が長くなりましたが、ネット上に上がっている個人輸入に対する疑問等についてまとめてみました。

あなたが個人輸入代行サイトを使う時の参考になれば幸いです。

アフターピルを個人輸入するために何か手続きは必要ですか?

特に必要ないです。

あなたが利用する個人輸入代行サイトが輸入手続き等を全て代行して行ってくれます。

夫のクレジットカードで購入する事が出来ますか?

クレジットカードについては、自分名義のクレジットカードしか使えません。

理由は個人輸入で医薬品を購入する場合は本人が使用する目的でのみ個人輸入する事が認められています。

その為に、クレジットカード決済をする場合も必ず本人名義のクレカでの決済が必要になります。

個人輸入したアフターピルが余ったので姉のあげてもいいですか?

例え、家族であっても個人で輸入した医薬品は上げる事は出来ません。

メデマート申し込みボタン