緊急避妊薬「エラワン」ってどんなアフターピルなの?他との違いは?

今回は新しいタイプのアフターピルをご紹介します。通常のアフターピルは、遅くても72時間以内に服用する事で妊娠を回避出来るという緊急避妊薬でした。

72時間と言うと三日になりますが、要は避妊に失敗したと気づいてから三日以内にアフターピルを服用する事で避妊するという緊急避妊薬です。

一方で今回ご紹介するエラワンは、五日間、時間にして120時間内に飲むことで避妊効果が期待出来る緊急避妊薬です。

まずは、通常のアフターピルと違って五日間避妊出来る期間が伸びても高い確率で避妊する事が出来るアフターピルだと言うことです。

エラワンと他のアフターピルの違いは何?避妊効果はあるの?

エラワンの避妊効果

エラワンはアフターピルとして、2009年からフランスやイギリスなどヨーロッパ26ヶ国で使われるようになった新しいタイプの緊急避妊薬です。

日本ではあすか製薬という製薬会社がライセンスを獲得しており国内でも開発が進められています。

緊急避妊薬としてだけではなくて、子宮筋腫など女性特有の婦人病の治療としても使われている製薬です。避妊効果は先ほどお伝えしたように、120時間(五日)以内であれば避妊効果を発揮してくれます。

五日以内の服用で85%以上の避妊効果を発揮します。

通常のアフターピルが72時間以内に飲むと避妊出来る確立が高いですが、エラワンは120時間以内に飲めば避妊出来る確率が高いアフターピルです。

ただ、避妊の有効期限が長い分、多少割高になっています。通常のアフターピルの金額が一回当たり二千円程度のものが多いのですが、エラワンは五千円程度になります。

エラワンを使用して避妊の成功を確認するにはどうすればいい?

避妊の確認は消退出血が必要

アフターピルは、言うまでもなく性行為の後に飲む避妊薬です。

性行為の後に飲むピルなのでアフターピルという名称が付いていますが、避妊に失敗したと分かった時点で服用するのが普通の使い方です。

例えばコンドームを使って避妊していたつもりが、性行為が終わった後コンドームが破けているのが分かったというのは誰でも一度や二度は経験した事がありかもしれませんね。

このようなケースで使うのがアフターピルです。

カップルが望まない妊娠を回避する為にも念には念を入れた方がいいのは言うまでもありません。ちょっとぐらい大丈夫だろうと思っていれば望んでいない妊娠をしてしまう可能性があります。

性行為の後、緊急的に服用することで妊娠の可能性をなくしてくれます。

女性ホルモンを人工的に増やして、生理の時期を早める事によって受精しにくくしたり、万が一受精しても着床しないように体調をコントロールします。

妊娠していないかを確認するには、エラワンを服用してから三日から三週間ほど待つ必要があります。

三日から三週間の間に生理が来れば避妊が成功した事になります。その際にはまとまった経血がある事が一つの条件になります。

まとまった経血があれば精子と卵子の受精、または受精卵の着床を防いだことになります。

もし、三週間経っても生理がこない場合は妊娠した可能性があります。早急に妊娠検査薬で調べるか、近くの婦人科で診察を受けるようにしましょう。

エラワンに含まれている成分はどんな成分?

エラワンには、主成分としてウリプリスタール酢酸エステルが含まれています。

この成分は女性ホルモンのバランスを調整する成分です。要は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンを増量して意図的に生理を起こす作用を促します。

服用する事によって生理を早める事が出来ます。

生理を早く誘発する事で卵子と精子が受精することを防ぐ、または受精しても子宮内に着床させない効果をもたらします。

高い確率で防ぐことは出来ますが、その確率は100%ではないので、あくまでも避妊に失敗したときの緊急避妊薬として意識してください。

エラワンの正しい服用方法について

エラワンを正しく服用する方法ですが、これは他のアフターピルと同じです。

避妊に失敗したと分かった時点で出来るだけ早くエラワンを服用する事で妊娠する可能性は低くなります。

エラワンは他のアフターピルと比べて5日という時間的な猶予はありますが、それでも出来るだけ早く服用する事によって避妊出来る確率はぐっと上がります。

緊急時に備えて、ストックとして1錠、副作用により錠剤を飲んでから嘔吐等により成分を吐き出してしまった時の為に、予備にもう1錠あればさらに安心感を高める事が出来ます。

また、人によっては薬の成分が強すぎて嘔吐するのを防ぐ方法として食後に錠剤を飲む、あるいは就寝前に飲むなど工夫をしながら飲むことをオススメします。

普段から乗り物酔いなど吐き気を催す可能性がある場合は、吐き気止めと一緒に服用するのも有効な方法です。吐き気止めと一緒に飲むことで薬の作用をしっかりと体内に浸透させる事が出来ます。

ちなみに性行為のあと72時間以内に服用できた場合は95%以上、120時間以内であれば85%の成功率があります。

これを見ても、5日以内より3日以内に服用した方が格段に避妊率が高いことがわかります。

エラワンの副作用や服用に当たっての注意事項について

一般的にエラワンを飲んで副作用として報告されているのは吐き気や嘔吐、体がだるくなる、おなかが張る、おなかの痛み、むくみなどです。

これらの症状は薬の効果が切れるのと同時になくなれば問題はありませんが、あまりにも状態がひどい場合は早急に病院で診察を受けてください。

副作用が長引くという場合は薬が体に合っていない可能性があります。

また、既に妊娠している場合は絶対にエラワンを飲んではいけません。また、1錠飲んでから、効果が心配だからと連続してもう1錠飲むなどの行為も厳禁です。

市販されている通常のピルとは成分が違うので常用は避けた方が賢明です。

エラワンを通販で購入したい、即日発送してくれる通販ってある?

エラワンは通販で購入する事が出来ます。入金さえ確認出来れば即日発送してもらう事も可能です。

自分の体を守るため、あるいは常備して安心して生活したい場合は以下のリンクからエラワンを購入する事が出来ます。

ただ、海外からの発送になるので自宅にエラワンが到着するのに一週間前後の日数がかかります。

例えば、今日性交渉して、避妊に失敗した事が分かってすぐに欲しいと言っても時間的に間に合いませんでの、その場合は近くの婦人科等で診察を受けてアフターピルを処方してもらうようにして下さい。

まとめ~緊急避妊薬「エラワン」ってどんなアフターピルなの?他との違いは?

 

エラワン

いかがでしたでしょうか?

いつもはしっかりと避妊をしているのに、今回に限って油断して避妊に失敗した、あるいは恋人やパートナーが非協力的で妊娠する可能性がある等の心配がある場合はアフターピルを常備しておく事をオススメします。

望まない妊娠に覚えてビクビクして日々を過ごすよりも何らかの安心材料があった方がストレスが溜まることもなく安心して生活する事が出来ます。

エラワンは常用する事はオススメできませんが、万が一に備えて常備しておくという心構えは必要です。

繰り返しになり恐縮ですが、二回分ほど常備しておけば、安心して生活する事が出来ます。ストレスが溜まると生理周期にも影響を与える事があります。

出来るだけストレスが少ない生活を心がけていきましょう。

エラワン