知って得する生理周期が変化する七つの要因|緊急避妊薬專門ラボ 

今回は生理周期が変化する七つの要因についてお伝えしていきます。

出来れば予定通りに来て欲しい生理ですが、ちょっとした環境の変化によって女性ホルモンは影響を受けます。

女性ホルモンがアンバランスになると、それが生理周期に影響を与えます。

どんな要因で生理周期に影響を与えるかを知っておくことにより、自分の生理周期を知って、どうしてもその日には生理が来て欲しくない日などに生理を遅らせたりする事も出来るようになります。

女性であるなら、是非自分の生理周期は知っておきたいですね。

すぐにアフターピルランキングを見る

知っておけば避妊対策になる生理周期について

女性の生理周期

まずは、ここでは生理周期についてざっとお伝えしていきます。生理周期を知っていることは自分の体調を理解していたり、望まない妊娠を防ぐ為の避妊に繋がります。

男性にはなく女性だけに与えられた生理周期について、しっかり理解を深めておきましょう。

生理周期とは、月経の始まりから次の月経開始までのことを言い、 生理の正常な周期は25日~38日程度だと言われています。

生理の期間は個人差があり、短めの人もいれば長めの場合もあります。

一般的な生理の期間は3~7日間ですが、同じ女性であってもホルモンバランスやストレスなどによって変化する場合があります。

普通に生活しているだけでも、えっこんな事が生理周期に影響を及ぼしているの?という用意もあるかもしれません。

今から、お伝えするのは生理周期に影響を及ぼす可能性がある七つの要因です。もし、思い当たる要因があれば、生理周期が大きく変化しないように注意をして下さい。

極端な話、天候によっても人によっては生理周期が変わる事だったあります。それほど女性の体は繊細に出来ているという事なんです。

今からお伝えする事を知識として把握しているだけでも、生理不順を防止したり、大きな生理周期の変化の抑制に役立つと思います。

生理周期に影響を及ぼす七つの要因について

生理周期に影響を与える七つの要因

生理周期が変化するには何らかのきっかけがあります。

そのきっかけは主に今からお伝えする七つの要因です。どの要因も普通に日常生活を送っている女性が遭遇する要因ばかりです。

望まない妊娠を防ぐためには、こうした生理周期の変化の要因を知っておくことは必要です。いざという時に慌てないように、しっかりと把握しておきましょう。

不規則な生活が生理周期に大きな影響を及ぼす

 

ヨーロッパのある研究機関によると、夜に働いている女性は昼間働いている女性に比べると流産する可能性が高いそうです。

何か嘘みたいな話ですが、そんな研究結果がレポートして出されているという事実もあるんですね。

また、流産以外にも女性ホルモンが乱れやすい、あるいは不妊症になる可能性も高いと言われています。昼間働いている女性であっても、仕事が忙しくて残業続きで帰宅するのが遅くなる場合だってありますよね。

また、そういう状況が続くと睡眠不足になり生活リズムが崩れてしまう事だって有り得ます。女性によっては夜勤が多い仕事に就いている場合だってあります。

そういう場合は、生理周期の乱れを防ぐ為に低用量ピルを服用する事で生理周期の極端な乱れを防ぐ事が可能です。

不規則な生活で生理周期が乱れがちと女性ならば、これを契機に低用量ピルの服用を考えてみてもいいかもしれないですね。

睡眠不足が続くと、生理周期に影響を及ぼすことがある

睡眠不足

睡眠不足は、生理周期に大きく影響があると言われています。睡眠不足が長く続くと生理周期にかなり影響を及ぼす事が研究で分かっています。

具体的には生理周期が不安定になり生理が早まったり、遅れたりを頻繁に繰り返すという状況になります。

睡眠不足かなと感じたら、自分に合う方法を見つけて睡眠不足を解消するように何らかの対策を施す事が必要になります。

女性ホルモンは特に微妙で崩れやすくなっています。普段から体調管理をしっかり行い、生理周期の変化には気をつけたい所です。

食生活の急激な変化は生理周期に影響を及ぼすことがある

食生活の激変

次に不規則な食生活についてです。食生活が不規則になると色々なところに影響が出てきます。

毎日ある程度決まった時間に食事を取る、朝、昼、夜、三食のバランスを考えながら食事をする。肉、魚、野菜をバランスよく食べるなど色々な事が求められます。

また、外食を控え、食べる食材も工夫していく必要があります。体のバランスを整えて行くことは普段からかなりの神経を使いながら工夫していく必要があります。

また食べる量も大切な要素です。食事の量が不足すると体が省エネモードに入り、体の中の余計なエネルギーを使わないようにと生理をストップさせてしまう場合もあります。

一方で過食気味になると、女性ホルモンのエストロゲンの数値が上がり必要以上に生理時の出血量が増えてしまうと言う現象が起こります。

普段からダイエットをしている女性も注意が必要です。無理な食事制限は必ずどこかに歪みを起こし、影響を与えます。

ダイエットよりも健康的な食生活を心がける事によって生理周期に影響を及ぼす事が少ないと言えます。

対人関係の悩みはストレスの原因になり生理周期に影響がある事も・・・

女性の対人関係

現代社会はストレス社会と言われるように、色々な場面でストレスを感じる事があります。

その一つが対人関係です。学校にしろ職場にしろ、あなたが住んでいる地域社会においても少なからず対人関係というものが存在します。

必要最低限の対人関係にとどめていたとしても、ストレスを感じる場合もあります。

対人関係のストレスが溜まっても生理周期に影響を及ぼすという事を知っておいて下さい。出来るだけ煩わしい人間関係を整理していき快適な毎日を遅れるようにしていきたいものですね。

運動好きな女性が注意したい過度な運動

女性の過度な運動習慣

今まで運動をあまりしてこなかった女性が急に運動を始めたり、いきなり運動量を増やすと一ヶ月~二ヶ月後に生理周期に変化があるかもしれないと言われています。

過度な運動はそれそのものが体に負担を与えてしまいます。

また、女性ホルモンへの影響もあり、生理周期に影響を与える場合もあります。私も元々運動が好きで過去には急激に運動を増やした経験があります。

その時は何でもないと思っていましたが、翌月に一週間ほど生理が遅れた事がありました。その時は何故遅れたのか分かりませんでしたが、今考えると急に運動量を増やした事により生理周期に変化が生じたのだと分かります。

このようにその時は大丈夫であっても、後々必ず影響が出るので、先の事も考えながら運動量も調節していきましょう。

適度な運動量であれば、生理周期も身体の変化に追いつくはずなので過度な運動は避けた方が懸命だと言えますね。

風邪やインフルエンザなどの病気には要注意!

風邪をひいている女性

普段から低用量ピルを服用している女性であれば、インフルエンザ、風邪、その他の病気んなどの影響で、生理周期がズレることは少ないと思います。

一方で低用量ピルを普段から服用していない女性の場合はインフルエンザ、風邪、その他の病気にかかった時には、体の中に入った細菌などの影響で生理周期に影響が出る場合があります。

抗生物質などを服用した場合は女性ホルモンのエストロゲンに影響を及ぼす可能性があるので、通常の月よりも早く生理がくる場合もあります。

そういう事を考えると普段から出来るだけ風邪を引いたり、その他の病気にならないような健康的な生活を送ることがいかに大切であるかが分かりますね。

使っている化粧品でも生理周期に影響がある場合も・・・

化粧品を変える

化粧品を使っていても、生理周期に影響が出る場合があります。

何故なら化粧品の中には、化学物質がたくさん含まれているからです。化学物質の中には添加物もたくさん含まれています。

添加別の中には発がん性のモノもあるという事はご存知の事だと思います。こうした化学物質や発がん性のある添加物は私たちが毎日使っている生活必需品の中にもたくさんあります。

例えば、食品や洗剤、歯磨き粉、衣類や塗料にだって、含まれています。私は特に食品の中に含まれている添加物には注意して食品を購入するように心がけています。

まとめ~知っておけば避妊対策になる生理周期について

避妊と生理周期

いかがでしたでしょうか?

生理周期は何に影響されどう影響されるかがある程度お分かりいただけたかと思います。

女性の生理周期は何が原因で生理不順になってしまうのか等、分からない事が多いですね。でも、今回お伝えした事である程度は分かりますよね。

いずれにしても、女性の身体は非常にデリケートに出来ているということです。

ピルを日常的に上手に活用する事で、生理周期をコントロールして快適な生活を遅れるようにするのも一つの方法ですね。