はるかの自己紹介

ここでは、管理人の自己紹介を行っています。

主な経歴、家族構成

名前:宮本はるか
住所:兵庫県神戸市在住
職業:アパレル関係
性別:女性
生年月日:1988年4月21日
家族構成:主人、子供一人の三人家族
趣味:今はホットヨガにはまっています
アフターピル使用歴順: ノルレボ
低用量ピル歴使用歴順:トリキュラー、ダイアン35、ヤーズ

ピルを使うようになったきっかけについて

\学生時代に付き合っていた彼氏はゴムアレルギーでした。それで、コンドームを付けるのを嫌がり、彼の誕生会で二人とも飲んだ勢いで生で出したんです。

それで、翌日起きてから、生で中出しした事に気が付いて慌てて病院に駆け込みました。その時にアフターピルの存在を初めて知りました。

避妊に失敗してからでも、望まない妊娠を防ぎ為の手段がある事に驚いたのを覚えています。彼氏もその時に初めてアフターピルの事を知ったようでした。

それ以降、別にゴムを付けなくても大丈夫だと思ったようです。

二人で飲んだ時の性交渉の時は、ゴムをつけずに行う事が多くなった印象でした。

そんな状況だったので、全部で3回アフターピルのお世話になったことがあります。

一番嫌だったのが診察を受ける時でしたね。それに先生が男の先生で説教じみた事を言われるのも本当に嫌でしたね。

当時は学生で通販でアフターピルを購入出来る事を知りませんでした。

それから、数年経ってから病院で処方してもらわなくても通販でアフターピルを購入出来る事を知りました。

その事を知ってからは通販を利用してアフターピルを購入するようになりました。

何度か購入する中で、オペレーターに生理痛がきついので相談した事があったんです。

当時は生理の度に鎮痛剤などを飲んでいました。

その時に教えてもらったのが生理痛を軽減する為に低用量ピルを飲むことでした。

それがきっかけで通販で定期的に低用量ピルを購入するようになりました。

元々は生理通を少しでも軽減したいと思って飲み始めましたが、避妊目的でも飲むようになりました。

結婚するまでに付き合った男の人は4人ほどいますが、何故かコンドームを付けるのを嫌がる人ばっかりで、避妊は女性任せの男の人が多かったのもピルを飲み始めた理由の一つです。

私がこのサイトを立ち上げた理由について

日本は西洋諸国と比べて性教育が遅れています。

特に避妊に関しては男女ともに正しい方法を知らない人が多いように感じます。

例えば、コンドームさえ付けていれば100%避妊出来ると思っている方もいまだ多いと思います。

あるいは、コンドームを付けないで性行為をしても中出ししなければ避妊出来ると思っている男性の方が多いと言う現実。

それで、望まない妊娠をしてしまったら、精神的にも肉体的にも深く傷つくのは女性の方であるという現実。

避妊に失敗してから病院に駆け込めばアフターピルを処方してもらう事は出来ますが、診察代、薬の処方代、初診料など高い病院代を支払う事になります。

何故なら、大抵の病院ではアフターピルの処方は自由診療で保険適用外だからです。

私が一番最初に避妊に失敗して病院に駆け込んだ時、アフターピルを処方してもらいましたが、その時に初めて保険適用外であることを知りました。

その時は財布の中に一万円しかなくて、足りなかったのを覚えています。彼氏が一万円持っていたので二人で払ったのを覚えています。

はっきりとした金額は覚えていませんが、二万円弱だっと思います。

私も初めて知った事でしたが、たぶん十代、二十代前半の女の子だったら、そういう事も知らないのではないかと思います。

経験して初めて知るという事も大切かもしれませんが、こういう事は本当に大切な事だと思うので知っておいて損はないと思うんです。

アフターピルの認知度ってまだまだ低いので、私のサイトを通じてたくさんの人にアフターピルの存在を知ってほしいと願っています。

低用量ピルについての管理人のコメント

次に低用量ピルについても少しだけお伝えしておきます。

私は現在生理痛緩和の為に低用量ピルを服用しています。

主に飲んでいるのはトリキュラーです。昔ニキビがひどい時にはダイアン35を飲んでいました。

低用量ピルについても知っている人がまだまだ少ないんですよね。

ピルって聞くと、それだけで副作用ひどいんでしょ?とかわざわざ病院で処方してもらうって面倒だし・・・高いし・・・そんな反応が多いんですよね。

でも、ピルは病院で処方してもらわなくても海外通販を使えば簡単にしかも安く手に入れる事が出来る時代になっています。

何も病院で高いお金を払ってピルを買う必要ってないんですよね。

だから、私は主にアフターピルと低用量ピルの事について色々と調べながら書いていこうと思っています。

低用量ピルって人によって合う、合わないがありますが、もし使っているピルが体質的に合えば生理日のコントロールも出来るし、生理痛が軽くなるし、生理日は短いし、お肌の調子は良くなるし、いい事尽くしです。

結婚して数年が経ちますが、まだ子供が小さいので、作るならもう数年先です。

いざという時に困らないようにしっかりとアフターピルも常備しています。

私は特に自分自身の経験から独身女性は護身の為にもアフターピルは常備しておいた方がいいと思っています。

だって女の子っていつどこで何が起こるか分かりませんからね。